住友電装で働く

Working at SWS

Show More
Show More
Show More
休日休暇、福利厚生、教育制度など、住友電装の各種施策や待遇についてご紹介します。
 

■休日・休暇

年間休日:121日
 完全週休2日制、GW、お盆、年末年始にそれぞれ10日程度の休日
年次有給休暇
 初年度12日、翌年度以降20日付与
ゆとり休暇
 勤続5、10、15、25、35、40年の年にそれぞれ最大5日間の有給休暇
取得奨励制度
 永年勤続特別休暇(勤続20年、30年の年にそれぞれ5日間の特別休暇)
 

■各種制度

フレックスタイム制度
 働き方に合わせて出退社時間を調整可能(コアタイム10:30~15:15)
 ※資格・業務内容によって一部使用できない場合があります。
在宅勤務制度
 一定の要件を満たす場合、在宅での勤務可
 
育児・介護関係
 ・お子さんが2歳の誕生日に達するまで、育児休業取得可
   ※18年度取得実績:女性100%、男性32.1%
 ・社内託児所を四日市製作所・鈴鹿製作所に完備
 ・お子さんが小学校卒業まで、短時間勤務制度も利用可能
 ・介護を理由とした短期的な休暇や長期での休業も可能

■福利厚生

退職金制度
​ 企業年金、確定拠出年金
財産形成制度
​ 社員持株会、財形貯蓄
寮、社宅制度
 独身総合職で希望者は社有寮に入寮可能(月7,500円、30歳まで)​
 ​その他、単身用・世帯用向け社宅制度、住宅補助制度あり
その他制度
 食事手当、通勤手当などの各種手当、社会保険制度完備。自社保養所なども保有。
カフェテリアポイント

 毎年所定金額分のポイントを支給。買い物、レジャー、宿泊費など多岐にわたる

 メニューの中から、好きなものに利用可能

 
認定資格
 子育てサポートを推進している企業として、厚生労働省より認定
 「プラチナくるみんマーク」を取得(2016年より)
 健康経営を実践している企業として、経済産業省より「健康優良法人2020」に認定

アパートメントタイプ社有寮

​社員食堂(本社)

社内託児所

能力/キャリア開発に対する考え方
住友電装(SWS)の能力/キャリア開発は『社員一人ひとりが自身の将来を考え、
自ら進んで成長していくこと』を基本とし、
会社は各人の成長を促進させる仕掛けや機会を積極的に提供していきます。
 

■入社以降の教育体系イメージ

入社以降の教育体系イメージは以下の図の通りとなります。
SWSグループでは経験、役職に応じたステップを設け、グローバルに通用する多様な人材の育成を
行っていきます。
1年目
 入社1年目は、社会人としてのマナーを学びながら、住友電装の社員として
必要な基本的知識や考え方を学んでいきます。新入社員向け集合研修や部門内研修、OJT教育を通して業務遂行能力の育成いただきます。
2年目〜中堅社員
 2年目以降は、実務を通じて、上司/先輩社員の指導のもと、自ら担当する
専門分野について高度化させていきます。また中堅社員になれば、実務だけでなく、チームリーダーとして後輩の育成にも力を注ぎながら、チームで仕事をし成果を上げることが求められます。
グループ長
 自らの担当分野において高度な知識・経験を有し、所管業務を達成に導く
計画を立案・実行していただきます。また、所管業務執行とともに、事業開発や部下の育成等も行っていただきます。
部長
 組織の運営者として、全社的観点から管轄する事業の戦略を
立案・実行し常に事業や経営に貢献していただくことが求められます。また、短期的な利益を追求しながら、長期的な事業開発並びに人材開発を行う必要があり、総合的な能力が求められます。
​上記のような階層別で求められる能力を養成する教育に加え、「プレゼンテーション研修」「ロジカルシンキング研修」等のビジネススキル研修、また各職種で必要な専門知識を付与する研修・海外駐在員への赴任半年前からの語学サポートなど、年間120件の研修が開講されております。
また、社員の自己啓発の補助として、年2回社内開催かつ費用を全額会社負担でのTOEIC試験の実施も行っており、多くの社員が挑戦しています。

TOP