IT統轄部

ITコース

IT

技術系

2007

Interview 01

入社理由は?

学生時代はITに携わる勉強をしていた為、IT関連会社やメーカのIT部門を中心に就職活動をしていました。その中で、三重出身という事と車が好きだった事もあり地元の就職セミナーで住友電装の事を知り気になったのがきっかけです。その後、グローバルで活躍できる機会が多いといった事や先輩社員の方がとても親切で社風がよい印象を受けたため入社を決めました。また、入社後の教育カリキュラムが充実している事も安心感がありました。

仕事のやりがいについて教えてください!

Interview 02

開発や導入に携わったシステムがグローバル含め住友電装グループ内で利用されている事が一番のやりがいです。特に調査/要求確認からシステムリリースまで数年かかった大規模プロジェクトのリーダをさせて頂いた事が特に印象に残っています。このプロジェクトはお客様にも関連する仕組みだったため、調査や要件確認はお客様へ伺う事もありました。その際、展示されている車があり自身の作った仕組みも何かしらの形で貢献をする事になるのかと考えると感慨深いものがありました。また、要件確認後のシステム開発は海外協力会社にも力を借りていたのですが、品質担保のため現地に3か月程出張し現地メンバーと協力し開発を進めました。不具合の度に夜遅くなる事や言い合うような事もありましたが、無事にリリースできた時には感謝の気持ちでいっぱいでした。

Interview 03

​仕事をする上で大切にしていることは?

部門内外に関わらず、「相手の立場や気持ちになって考える」事を大切にしています。忙しい時はつい自己都合で考えがちですが、そのような考えは結局自分にかえってくる事が多い気がします。さらに、相手の事を考え本質を掴むよう日々心がけると相手との関係性もよくなり、自身が困った時には支援を頂く事もあり本当に良い事づくしだと感じています。なので、目先の煩わしさにとらわれず相手の事をしっかり考えて業務をする事が大切だと思っています。

Interview 04

今後の目標は?

今までは特定の部門向けの仕組みを中心に携わってきましたが、最近住友電装グループ全社の方が利用する仕組みに携わる仕事をするようになりました。昨今、働き方改革などもあり今までの働き方が大きく変わりつつありますが、PCやスマホ、業務システム等のITツールを使う事が日常業務の前提になっています。その為、ITツールがいつ、どこで、どのように使えるのかが重要になっています。そのような時代の変化に柔軟に対応できる環境作りにIT部門として携わる事で、住友電装の事業貢献に繋げたいと考えています。

Schedule

図12.png

Holiday

ソファ.png

20代はゴルフやスノーボードに行くことが多かったです。30代になってからは京都に行って桜や紅葉を楽しんだり、ホテルや旅館に宿泊したりなど、旅行が趣味になりました。ただ、近年の時節柄や次女の誕生もあり、ステイホームをしながら子育てをしています!

TOP