部品事業本部

コネクタ/端子コース

設計開発

技術系

2019

Interview 01

入社理由は?

自動車の進化に貢献できる仕事がしたいと考えたとき、車両に搭載される様々な部品や機器とつながるワイヤハーネス、コネクタ部品の設計、製造を担う住友電装の事業は魅力的だと感じました。特定の機器、製品に特化した開発も、もちろん自動車業界の中で重要な役割の一つですが、それらの機器、製品の多くはワイヤハーネスやコネクタで接続されてはじめて機能します。したがって、住友電装の製品、事業は車両全体の開発だけでなく、自動車業界の広い範囲に貢献できるチャンスがある点でおもしろいと感じます。

仕事のやりがいについて教えてください!

Interview 02

私が担当する車載高速通信向けコネクタの設計、開発は、昨今の運転支援システム等の普及、発展にともなって急速にニーズが拡大しています。自動車メーカーだけでなく車載機器メーカーも含めてお客様はたくさんいらっしゃいますが、それぞれ特有の好みや開発理念がありますので、複数メーカーの要求をうまく満たす最適な製品開発が、仕事のやりがいを感じる点だと考えています。今は試作開発の業務にメインで取り組んでいるので、事前の検証で通信性能を満たす見込みが出たものを実際に試作品として製造し、試作品評価でも実際に通信性能を満たすことが確認できたときに最も達成感があります。

Interview 03

​仕事をする上で大切にしていることは?

事実ベースで検証、考察しながら仕事を進めることを大切にしています。評価において予想とは異なる結果が出たときには、推測だけで対応方法を決めず、必ず現地、現物、現認を徹底して不具合の原因や課題解決の手がかりがないか探すようにしています。また、依頼した評価などで何かデータが出てきても、それをそのまま鵜呑みにするのではなく、測定方法や設備の設定条件など、出てきた結果が妥当かどうかまで見極めるように気をつけています。

Interview 04

今後の目標は?

試作開発しているコネクタのコンペが控えているので、受注を獲得することが当面の目標です。長期的な目標としては、学生時代に専攻した機械工学だけでなく、仕事を通じて電気、通信、材料などあらゆる分野の技術や知識を身につけて、製品開発を進められる人材になりたいです。

Schedule

図12.png

Holiday

ソファ.png

休日はドライブに行ったり、鈴鹿製作所の近くに鈴鹿サーキットがあるのでレースがある日は観戦に行きます。また、鈴鹿は海と山にはさまれ池など自然も多いからなのか、その辺を飛び回っている鳥の種類が多いような気がするので、最近は散歩がてらバードウォッチングすることもあります。

TOP